FC2ブログ

"FROM 1995"

お馬の写真とか競馬の予想とか (本ブログ掲載写真の無断転載、厳禁)

2018 東京ハイジャンプ + スプリンターズS + オールカマー

2018 東京ハイジャンプ + スプリンターズS + オールカマー

この順番で写真挙げるの???
 と思いましたが・・まぁ~いいか。
先週と少し溜まってしまった前のレース写真をアップです。

まずは先週の個人的なメインレースから~です。
JG2 東京ハイジャンプ。
 2017年の去年はオジュウチョウサンの強さに舌を巻きましたが、果敢に大逃げを打ってレースを盛り上げ
 且つ3着に残したタマモプラネットに拍手といったレースでした。

今年はオジュウチョウサン不在のなかレースが行われましたが。

サーストンコラルド その1
DSC_6034_20181014.jpg
勝ち馬は東京ジャンプステークスに次ぐ重賞連勝となったサーストンコラルド。

サーストンコラルド その2
DSC_5997_20181014.jpg
2着ヨカグラを捻じ伏せるように勝ち切った印象でしたね、強かったです。

サーストンコラルド その3
DSC_5991_20181014.jpg
中山大障害は経験とスタミナが問われる印象ですが、さて本番はどうなりますやら。

ヨカグラ
DSC_5952_20181014.jpg
前走の小倉ではアップトゥデイトに勝っての参戦、前走がフロックだったかどうか?
 と思っていたヨカグラ。
  2着と惜敗ではありましたが、本格化と思って良いのではないでしょうか。
   改めて血統表を見たけんど、ダンスオールナイトからダンスパートナーの母系なのですな。
   ダンスパートナーの系統は障害巧者が結構多いんですよね。

タマモプラネット その1
DSC_5972_20181014.jpg
さてさて、私の本命タマモプラネットでしたが、去年に引き続き、今年も大逃げ。
 最終周回の3角で後続を引き離した時、今年は勝ったか??と思ったのですが
  まさかまさか、最終障害で落馬となってしまいました。

タマモプラネット その2
DSC_5958_20181014.jpg
筒一杯でしたし、踏切のタイミングも合わなかった感じでしたね。
 小坂騎手は負傷となってしまいましたが、タマモプラネットは無事で何よりでした。
 小坂騎手 お大事に。。 またタマモプラネットとのコンビでレースを賑わせてくれること、期待しております。

 レース写真の方はタマモプラネットにロックオンする予定が、
 一瞬、ボーっとしてしまいました(汗

 レース全体を通しては、展開の妙味もあったし
 最後に驚きもあり、、これぞまさに障害レース・・といったレースだった気がしますね。

さて・・次からは挙げられていなかったスプリンターズSです。

ファインニードル その1
DSC_4679_20180930.jpg
高松宮記念に続き、スプリントG1 同一年 連覇。
 最優秀短距離馬も決めた感じですかね。

ファインニードル その2
DSC_4636_20180930.jpg
ま、セントウルSの内容を見れば妥当な結果だったかな・・とも思います。
ロードカナロアも落ち着いていましたが・・ファインニードルも表彰式では落ち着いてました。
 個人的にはスプリンターってウルサイ印象あるのですが・・
 スプリントG1を複数勝ちする馬って案外・・落ち着いているのかもしれませんね。。

レッドファルクス
DSC_4605_20180930.jpg
さてさて・・レース写真の方ですが・・
 撮りたい順番はレッツゴードンキ、レッドファルクス、ファインニードル・・
 直線向いたときにレッツゴードンキとレッドファルクスが似たような位置にいたので・・
 セントライト記念同様・・併せ馬が撮れるか・・と思ったのですが・・
  レッドファルクスを撮った後、レッツゴードンキに振りましたが・・レッツゴードンキの写真は全てピン抜け・・
  私に限っては1頭にロックオンしないとダメですね・・とほほでした。。

お次はオールカマー。

レイデオロ
DSC_4489_20180923.jpg
レース結果の方は、さすがダービー馬って感じでしたかね。。
 ま、、そもそもダービー馬と皐月賞馬がオールカマーに出てくること自体、稀な気がしていて・・
 今年の場合はオールカマーという雰囲気ではなかった印象です。。

ガンコ その1
DSC_4438_20180923.jpg
レース写真は1周目をガンコ。2周目をレイデオロと決めていたのですが、
2周目のレイデオロは内の進路取りで、ちょうどガンコの内側だったため、1, 2周目ともガンコにロックオンでした。

ガンコ その2
DSC_4434_20180923.jpg
そうそう、ガンコの活躍もあってか、ナカヤマフェスタもアロースタッドで種牡馬復帰と
嬉しいニュースが入りましたね!!

ガンコ その3 (こちらはトリミング)
DSC_4427_trim_20180923.jpg
珍しくトリミングした1枚。
遠景で直線入口の写真ですが、これトリミングしたら面白いかもなぁ~
 と思い、試しにやったら結構行けた感じですかね。
スポンサーサイト
  1. 2018/10/15(月) 23:14:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2108 毎日王冠 + 3日間 開催

2018 毎日王冠 + 3日間 開催

久しぶりのレース写真ですかね。
ようやく秋の東京開催に突入した感じでして・・
 多分・・生まれて初めて・・だと思うのですが、3日間 開催 皆勤で参加してきました。

ま、最初は日曜のG2 毎日王冠からですかね。

アエロリット その1
DSC_5473_20181007.jpg
被写体も馬券のヒモも珍しく悩んだ毎日王冠でした。
 馬券の軸は安田記念 2着を素直に評価してアエロリットは決まっていたのですが・・
 相手にダイワキャグニー、キセキまでは良かったのですが、後 1頭に
   ケイアイノーテックを選ぶか、ステルヴィオを選ぶか・・は直前の9Rが終わるまで考えてましたかね。。

アエロリット その2
DSC_5422_20181007.jpg
そうそう、写真の方もケイアイノーテックをNHKマイルで撮り逃したし、キセキも撮ったことないし・・
とはいえ、アエロリットもメンコを外すことが表明されていたし・・
 こんな具合で・・写真の方も結構、悩んでましたが・・ 最近の流れで・・・
 ま・・勝ちそうな馬を撮ろう・・ということになりました。

アエロリット その3
DSC_5442_20181007.jpg
で、冒頭、表彰式の写真を挙げましたが・・頑張って撮ったつもりで、ざっと見、上手くいったかな~
 という感触を得ていたのですが・・所々・・妙な映り込みがありましたかねorz

アエロリット その4
DSC_5407_20181007.jpg
さてさて、レースの方ですが
途中、キセキが引っ掛かったか、突っかけたか・・に見えましたが
1000m通過が59.0と、アエロリットにはかなり楽なペース。
 直線入ってから後続を引き離すのが見えたので、これは逃切り決定だな・・
   と、ほとんど確信したような感じでアエロリットにロックオンでした。

アエロリット その5
DSC_5393_20181007.jpg
モレイラ騎手の好騎乗というよりも、後続が思ったより絡んでこなかったなぁ~
 って印象を受けましたかね。
   ペースはスローだけれども、走破時計が1分44台決着は感心しましたかねぇ~

そうそう、ステファノスも7歳ながら、44秒台はお見事でした。
 次走の天皇賞も人気はあまり出ないと思うので、引き続きひっそり狙おうと思ってます。

あ、キセキも引き続き・・抑えておこうかな・・・菊花賞を勝ってはいるけど、
ステイヤーでは無く2000mチョイ 且つ 長い直線が向いていると思ってますので。

レッドヴェイロン その1
DSC_5265_20181007.jpg
毎日王冠dayの9Rはレッドヴェイロンが登場。
単勝 1.2倍は売れ過ぎだろう・・と心配しましたが、杞憂でしたね。
 今年のNHKマイルカップ組はどうなのかな??と少し疑問を持っていたので
 9Rでレッドヴェイロンが勝つようであれば、毎日王冠はケイアイノーテックを厚め。
 負けるようであれば、薄目・・の方針でした。

レッドヴェイロン その2
DSC_5296_20181007.jpg
こちらは表彰式。露出が少しオーバー・・
 さすがエリモピクシーの仔、東京マイルは本当に相性が良いですね。

グランアレグリア
DSC_4983_20181006.jpg
さてさて、お次は土曜のメイン、サウジアラビアロイヤルカップ。
グランアレグリアで断然でしょ・・ と思ったらスタートで出遅れ + 道中も掛かり気味。。
 ここいら辺は厩舎の影響か??何て思ったりもしましたかね。
  阪神ジェベナイルフィリーズまでは、ノンストップで行くんじゃないですかね。

ムイトオブリガード
DSC_5761_20181008.jpg
最後に祝日の10月8日。
10R 六社特別 勝ちのムイトオブリガード。
 ダービーdayの2400m好時計勝ちから今回で3連勝かな。
 今回も危なげなかったし次走はアルゼンチン共和国杯辺り?? ま、重賞でも好勝負でしょうかね。

グローブシアター
DSC_5728_20181008.jpg
実は10Rのお目当てはコチラでした。
これまで撮る機会はあったんですが、、デキがイマイチだったので
今回は撮り直し~という具合でした。
 先行粘り込みも板についてきた感じですかね。

イストワールファム
DSC_5662_20181008.jpg
9Rの山中湖特別の勝ち馬、イストワールファム。
ローエングリンにそっくりで上品な栗毛さん、今回はキッチリ勝った感じですかね。

インシュラー その1
DSC_5588_20181008.jpg
さてさて、オーラスは7R 500万下を勝利した
キングレオポルドの半弟 インシュラー。
 パドックを見て・・メンコか・・と思ってたのですが。。

インシュラー その2
DSC_5630_20181008.jpg
表彰式は素顔で登場してくれました。

3日間 開催 皆勤は疲れたけども・・
ま~色々撮れて良かったんではないですかね~
 しばらくは西のG1が続きますし。

そうそう・・オールカマーとスプリンターズSも一緒に上げてしまおうかと思っていたのですが・・
PCの調子がイマイチで、バックアップに時間を要してしまったため・・次回以降にさせて頂きたく、ご容赦を。
  1. 2018/10/10(水) 01:02:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2018 北海道の旅 その6

2018 北海道の旅 その6

オールカマーに続き、スプリンターズSも何だかイマイチかなぁ~
 というデキでしたので、今回も北海道の旅シリーズの更新です。
  ま、どこか頃合いを見計らってオールカマーとスプリンターズSはアップしますかね。

さてさて、今回は静内のアロースタッドさんです。
 今年は都合、2回伺いました。
 お目当てのお馬さんが3頭もいたので・・大忙しでしたかね。。

とはいえ、係りの方が人参で顔を出すよう促してくれたこともあり、
3頭とも無事、撮りたい写真を収められました。 いやぁ~本当に有難かったです。ありがとうございました。

あ、ちなみにですが・・露出が定まらず、オーバーで暴れている写真が数枚あるので、ご容赦ください。
伺った最初の日が、苦手な弩ピーカンの強すぎる日差しだったので、調整しきれませんでしたorz
 2日目の最初は薄曇りで絶好だったかなぁ~

早速ですが、写真から。

ワンアンドオンリー その1
DSC_1989_20180808.jpg
まずはお目当ての1頭目、最初はダービー馬に登場頂きました。

ワンアンドオンリー その2
DSC_1987_20180808.jpg
やっぱり、なんというか・・顔つきも凛々しくてカッコイイなぁ~って思いましたよ。

ワンアンドオンリー その3
DSC_1977_20180808.jpg
目から額の辺り、何となくハーツクライの印象があるような気もしますかねぇ~
初日に上手く撮れなくて、2回目でリベンジしたような具合ですかね。

お次はお目当ての2頭目。

ディーマジェスティ その1
DSC_1932_20180808.jpg
皐月賞馬のディーマジェスティです。
 もう少し走りをじっくり見たかった1頭ですねぇ~

ディーマジェスティ その2
DSC_1891_20180808.jpg
皐月賞のイメージが強いので、この辺りの角度がディーっぽいなぁ~って印象ですかね。
 ディーの写真は2枚とも2日目。
 初日も撮れはしたけど、どうにもイメージと合わないデキだったので、ボツとしました。

さてさて、お目当ての3頭目はコチラ。

ビッグアーサー その1
DSC_0928_20180806.jpg
高松宮記念 勝ち馬、ビッグアーサー。
サクラバクシンオー産駒でゴッツイ根っからのスプリンターって印象かな。

ビッグアーサー その2
DSC_0947_20180806.jpg
顔も幅がありますねぇ~
貴重なサクラユタカオーからサクラバクシンオーの血脈。
 ショウナンカンプからラブカンプーが出たように、バクシンオーの血を後世に残してほしいです。
  ま、ラブカンプーは牝馬ではありますが。

ビッグアーサー その3
DSC_0905_20180806.jpg
ビッグアーサーもベロを出してくれたタイミングがあったので掲載です。
 ビッグアーサーの写真は初日。日陰になる馬房の向きなので、弩ピーカンの強すぎる日差しも影響小が嬉しいところ。

お目当て3頭は新種牡馬ということで、優先度を高くした次第ですかね。
ワンアンドオンリー、ディーマジェスティは言わずもがな好きな馬だし、
 ビッグアーサーもバクシンオーの仔で、引退レースとなったスプリンターズSでは
  レース結果を気にせず狙ったように好きな1頭ではありましたね。

  ビッグアーサーが勝った宮記念は・・休日出勤してたんだよな。。
  ん~あの時は・・行きたかったな・・

残るはダダ~ッと挙げていきますかねぇ~

トーホウジャッカル
DSC_0828_20180806.jpg
相変わらずイケメンのトーホウジャッカル。
 寝藁が着いてますよ~ ま、寝藁着いててもカッコイイですね。
 トーホウジャッカルは遠目から顔を出してくれているのが見えたので、
 初日、イの一番に撮りに行った感じです。

マスクゾロ
DSC_0831_20180806.jpg
マスクゾロの馬房はトーホウジャッカルのお隣。
 結構長い間、顔を出してくれていたかな。ケガさえなければ、どれだけの成績を残しましたかねぇ~

バトルプラン
DSC_0849_20180806.jpg
こちらは露出がオーバになってしまった。。
 初日で、日差し側の馬房のため、難しい露出になりました。。

ワールドエース
DSC_0868_20180806.jpg
ワールドエースの写真も若干オーバかな。。
 掲載する写真を選ぶ時・・バトルプランと一瞬 見分けがつかんかった。。
 名札の写真を撮ってなかったら間違えてたわ・・(汗。

レッドスパーダ
DSC_0882_20180806.jpg
レッドスパーダの写真も初日ですね。
 ビッグアーサーの隣で日陰側の馬房なので、強烈な日差しも影響なしは有難い。。

シニスターミニスター
DSC_0961_20180806.jpg
シニスターミニスターも初日の写真ですね。
 こちらも日陰側の馬房。
   向きで露出を変えなくて済むので・・実は曇り or 日陰、結構 好きだったりします。。
   ま、日差しがある時の写真が良いのも理解はしていますが・・こういった写真を撮る時は曇りに限るかな。。

ワンダーアキュート
DSC_1006_20180806.jpg
ワンダーアキュートは日差し側の馬房で、ディーのお隣さんです。
これは露出オーバだよなぁ~(涙。

ラニ
DSC_2004_20180808.jpg
ラニの写真は2日目。馬房はワンのお隣。
 そういえば、ラニも新種牡馬でしたね(汗。

ヒルノダムール
DSC_2009_20180808.jpg
ヒルノダムールの写真は2日目。タイミングが良かったのか、運良く撮れた感じですかね。

トランセンド
DSC_2015_20180808.jpg
トランセンドも2日目。馬房はシニスターミニスター、ビッグアーサーの近所で日陰側。表情は少し眠そうかな。
ノースヒルズだからワン、ラニの馬房はお隣さんなのか?と思ってましたが・・
 トランセンドの馬房はワン、ラニと少し遠いところでしたね・・馬主と馬房の位置は、あまり関係ないのかも。。

グランプリボス
DSC_2028_20180808.jpg
オーラスは2、3才時、馬券の相性が本当に良かったグランプリボス。
結構、顔を出してくれるのですが、顔を出すときは眠い時、という印象ですかねぇ~

今年の旅シリーズも後、数回は続きますよ~
ではでは~
  1. 2018/10/01(月) 23:45:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2018 北海道の旅 その5

2018 北海道の旅 その5

オールカマーの写真がイマイチだったこともあるので、
今回は旅シリーズの更新です。

旅シリーズもその5となりましたか。
さてさて、今回はいつもお世話になっているブリーダーズスタリオンステーションさん(以下、BSSさんと略)です。
BSSさんは、いつ訪問させて頂いても本当に楽しいんですよねぇ~

早速ですが、写真から~

ブラックタイド
DSC_0800_20180806.jpg
もう日高No.1 種牡馬と言って良いのでは~と思いますね。

BSSの方とも話が出来たのですが、今年の2才馬はキタサンブラックが出た後で
繁殖牝馬のレベルが上がった時の産駒だから、勝負の年と仰ってました。

確かに2才戦を見ると、これまで見てきたブラックタイドの仔より
瞬発力が勝っているように感じてます。
 え、この仔 ブラックタイドの仔なの?? ディープの仔じゃないの??って思ったこともありましたし。
 今後のブラックタイド産駒は今までと見方を変えないとイカンですね。。

順番は何ともですが、ディープインパクトとブラックタイドの優れた兄弟種牡馬・・ということで
日本でもサドラーズウェルズとフェアリーキングのような状況が出来ている感じかな
 やっぱりスゴイですな。。

写真の方は、"お~俺の話してるけど、何か用かい?"って具合に顔出してくれた所ですかね。


リオンディーズ その1
DSC_0788_20180806.jpg
さてさてお次はコチラ。なんか上手く撮れたなぁ~って感じだったので2番目に持ってきました。
 真っ黒でカッコいいですねぇ~とはいえ・・結構グイッポしてました。。

リオンディーズ その2
DSC_0796_20180806.jpg
少し眠そうにも見えますかね~
 まだまだ種牡馬 2年生。産駒の走りを見れるのは、もう少し先ですなぁ~

シンボリクリスエス その1
DSC_0760_20180806.jpg
お次はコチラ。ま、これも、その2が何だか上手く撮れた感じが・・ということで3番目に持ってきました。
ルヴァンスレーヴが出た辺り、まだまだ見限れないなぁ~という感じですかねぇ~

シンボリクリスエス その2
DSC_0771_20180806.jpg
そうそう、BSSの方とブラックタイドの話をしていた時、厩舎の隙間から一瞬、その2の光線塩梅で
前肢から頭まで馬が見えたんですよ。
 体高は余り高くなく、ぶっとい首差し、デカイ顔が見えたものだから
  "シンボリクリスエスかな?"と私が呟いたら、BSSの方から"当たり、あれだけで分かるの大したものですよ。"と
  お褒めの言葉を頂いてしまいました。
    週刊競馬ブックのフォトパドックを毎週まじまじと眺めているタマモノかもですねぇ~
    いやぁ~馬産地の方にお褒め頂いたので・・ちょっと嬉しかったですね。

コパノリッキー
DSC_0638_20180806.jpg
さてさて、お次は種牡馬1年生のコパノリッキー。
 競走馬時代はダート1600m当たりをブイブイ走っていてパワーとスピードタイプだよなぁ~程度の印象でした。
 改めて間近で見させて貰いましたが、幅が合ってカッコイイなぁ~って思いましたねぇ~

 個人的にはゴールドアリュールの後継は誰なんだろう?というのが結構気になっているのですが
 リッキーは有力候補では??と感じましたかね。

ヴィクトワールピサ
DSC_0641_20180806.jpg
お次は種牡馬では初見のヴィクトワールピサ。
でっかくてゴッツイ印象を抱いていたんですが顔立ちはシュッとしてスマートでカッコいいです。

シビルウォー
DSC_0813_20180806.jpg
そういえば・・BSSさんには何度も訪問させて貰っているのに
他を回っていて、シビルウォーはあまり撮れてなかったんですよね。
  今回も・・あ、いかん、また撮り忘れる・・と思ったところを納めた次第ですかね。

トーセンラー
DSC_0766_20180806.jpg
トーセンラーはシンボリクリスエスの隣で、放牧地が一望できる馬房。
 相変わらず親父似のハンサムさんですなぁ~


ダノンシャーク
DSC_0685_20180806.jpg
私の好きなニジンスキーのカーリアンが母系に入っているので
密かに期待しているダノンシャーク。
自身はマイラーだったけど、産駒は案外長い距離でも成績を残せるんじゃ?? 何て思っています。
 寝ていたところBSSの方が起こしてくれたので、写真に収められました。
 見学者を大事に対応してくださるので・・本当に有難いです。。

ストロングリターン
DSC_0514_20180806.jpg
日差しが出てきてしまったので、鼻先だけテカってしまいましたね。
 そういえば、シンボリクリスエスとストロングリターン 親仔でBSSさんに繋養されてるんですよね。

ベルシャザール
DSC_0516_20180806.jpg
人参を貰ってご満悦なベルシャザール。
 体高があって物凄い迫力があるんだけど、表情は本当にかわいいです。
  気は優しくて力持ち・・って印象ですね。
 去年、BSSさんに伺ってからベルシャザールは好きになった1頭ですな。

グランデッツァ
DSC_0619_20180806.jpg
アグネスタキオン産駒のディープスカイからクリンチャーが出ましたが
さて、グランデッツァからは、どんな産駒が出るんですかねぇ~
 スピード優先にパワーも追加か?何て勝手に思ってますけどねぇ~

ラブリーデイ その1
DSC_0544_20180806.jpg
ぱっつんタテガミが可愛いラブリーデイ。
その1は人参貰ってご満悦。

ラブリーデイ その2
DSC_0547_20180806.jpg
瞳もぱっちりしていて可愛いですねぇ~
天皇賞・秋を勝った年は手が付けられなかった印象だなぁ~
 あの年の京都大賞典は本当に強かったなぁ~と今でも思いますね。

ジャングルポケット
DSC_0587_20180806.jpg
今回、トリに選びたい~と思ったのが、この親仔。
 改めて見ると・・人参貰う時、係りの人を手間取らせるのも・・似てるような気がするな。。
 ジャングルポケットとトーセンジョーダンです。

トーセンジョーダン
DSC_0569_20180806.jpg
小倉2才Sのアズマヘリテージは複勝を取らせてもらって嬉しかったです~
 小倉 1200mの新馬で味のある競馬を見せてくれたので
 前が早くなる2才Sでは、ジワジワ脚を伸ばせて好勝負出来るのでは??と思ったら見事 2着に入ってくれました。
 レースセンスはあるし、距離も1400m以上の方が良いと思うので、これからの2才戦は楽しみです~

トーセンジョーダンの産駒には今後も期待ですかねぇ~
  1. 2018/09/24(月) 22:19:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2018 セントライト記念 + 京成杯AH

2018 セントライト記念 + 京成杯AH

何だか久々な気もしますがレース写真の方を掲載です~
さてさて、今年のセントライト記念はメンバーが揃ったので楽しみな1戦でした。

細かい話ですが・・レース前は想定していたオッズと全く違うんだけど~
 という感触がカナリあったのも事実ですが・・今となっては、どうでもいいか。

早速写真から。

ジェネラーレウーノ その1
DSC_4096_20180917.jpg
こちらは表彰式後の1枚。

レースは見事な先行押し切りでしたねぇ~
 中山巧者というか・・中山だと気分よく走れることが多く、それに伴って良い結果が出る・・
  と個人的には考えてます。
 持って生まれたエンジン、身体能力が凄い・・と思っており、気分よく行ければ他の競馬場でもOKでしょう~という感じですかね。

ゴールドアクターしかりで、栗毛のスクリーンヒーローから青鹿毛の真っ黒な馬が出るのも不思議だなぁ~
  とつくづく思いますかね~

ジェネラーレウーノ その2
DSC_4068_20180917.jpg
こちらは表彰式。 真っ直ぐな写真がなかったので、、暴れたフレームな点はご容赦を。。

週あたま、レース前も、今回はレイエンダで仕方ないのかなぁ~というのが頭の片隅にあり
ジェネラーレウーノも3角から4角でステッキが入っていたので、今回は来ないパターンか??
 と判断して外に振ったんですよねぇ~
   ん~レース写真は相変わらずの見切り発車的な判断でした、反省ですね(汗。

ついでに言ってしまうと、週刊競馬ブックのフォトパドックでジェネラーレウーノを見た時はスゴイ身体で帰ってきたなぁ~
これは今シーズン、面白いなぁ~って思ってたんですけどね~(汗

そうそう、レースはタニノフランケルの大逃げから、ジェネラーレウーノに向いた展開だなぁ~と感じたんですよねぇ~
 多々、考えるところはありますが、レイエンダとの1馬身 1/4差はお見事でした。

今後、写真を撮る際は、
 気性的に少し難しいところがあるし、ステッキが入っていても手応えがないとは限らない・・
   ということを念頭に置かないといかんですね。

レイエンダ
DSC_4031_20180917.jpg
さてさて、レース2周目はコチラを撮ってました。

レイエンダとブレステイキング 併せ馬
DSC_4015_20180917.jpg
で、レース 2周目の写真ですが、
一番意識したのはレイエンダとブレステイキングの併せ馬でした。
 水平が狂いまくっているのはご容赦頂きたいですが・・ま、構図的には中々上手くいったかなぁ~と思ってます。

ブレステイキング その1
DSC_3998_20180917.jpg
レース 1周目はブレステイキングを撮ってます。
 今回のレース、撮りたい馬は
  第一優先 : ブレステイキング、第二優先 : ジェネラーレウーノ、第三優先 : レイエンダ でした。

  そのため、、1周目はブレステイキングとジェネラーレウーノどちらを撮ろう??
  1周目は前に行く、ジェネラーレウーノの方が無難か?? そして2周目はブレステイキング?
  ただ2周目は結局レイエンダで、ブレステイキングは撮れないかもよ??

  それとも大外枠だから1周目にレイエンダを撮って、2周目はブレステイキングってのもアリかもよ??
  じゃ~ジェネラーレウーノはいつ撮る??

ということが、、延々と頭の中を巡り巡っていたのですが・・
最後には・・も~~考えても仕方ない!! 一番撮りたい馬を1周目に真っ先に撮る!!
        2周目は勝ちそうな馬を撮る!! という・・適当な結論に至った次第です。

そのため、1周目は一番撮りたかったブレステイキング、
        2周目はこの併せ馬を制した方が勝つだろう・・と、レイエンダとブレステイキングの併せ馬を撮った次第でしたね。

ま、結果的には2周目、もう少しロックオン判断を待って、全体を見ていればジェネラーレウーノを撮れたかも・・ですかね。
 この点は反省かなぁ~

レース 2周目
DSC_4009_20180917.jpg
タニノフランケルも良い逃げを打ってくれたので、引き締まった良いレースでしたね。
グレイルとオウケンムーン、4角だと・・あんな所にいたんだ。。

ブレステイキング その2
DSC_3957_20180917.jpg
こちらは返し馬の1枚。
 過去の戦績から、ギベオンにはフリージア賞で後塵を拝したのと、500万下を勝った1000万下条件の身・・
  人気は上がっても4, 5番人気だろ~と思っていたら、、2番人気になっていた点はビックリでした。

 実力は重賞クラスとプリンシパルS + 前走勝った所から思ってましたし、今回の+10kgもほとんどが成長分と見て取れたので
 自信を持って見ていましたが
 まぁ~細かいところだと、パドック+返し馬で少しテンションが高かった辺りが結果に応えたのかなぁ~と思いますかね。
  暑かったとはいえ、結構発汗もしていたし。
   精神面が成長すれば、もっともっとやれて良いでしょう~、まだ奥があるでしょう~って感じです。

オウケンムーン
DSC_3972_20180917.jpg
大外回っての掲示板は、重賞勝ちは伊達じゃないなぁ~って感じでした。
実力と人気がマッチしないタイプと思いますので、今後、少し押さえておくと良いかも・・ですね。

コズミックフォース
DSC_3945_20180917.jpg
意外に叩き良化型でスピード+スタミナ兼用タイプ・・何て思いもあります。
 どうしても京成杯で反応が悪かったのが頭にあるんですよね。
  案外、東京の少し長いところが向いているのかも。。 アルゼンチン共和国杯に出てきたら狙いたいですな。

ちなみにですが・・
表彰式で、周りにいたネーチャンが
鞍を外したオウケンムーンとコズミックフォースを見て "この2頭 可愛い 何ていう名前?" 何てのが耳に入って
"頭が高い方がオウケンムーン、低い方がコズミックフォースだよ、見りゃわかるだろ" と独り言してしまったのですが・・
  あ、ネーチャンに向けては言ってないですよ。無駄なイサカイになるので・・
  写真撮る過程で無駄にエキサイトしているため、漏れた独り言です。

こういった馬のアウトラインで見分けるのって・・少し独特なのかな・・とも思ってしまいますね。

週刊競馬ブックのフォトパドックや、
若い時、中央競馬ワイド中継の深~いパドック解説を毎週毎週、見聞きしていたから、自然と鍛えられたのかも?ですかね。
  あ、ここいら辺の話は、北海道でも似たような話があったので、今後の旅 更新でも、少し触れてみますかね・・

以降はザックリと京成杯AHを。

京成杯AH ミッキーグローリー
DSC_3398_20180909.jpg
天候も暑かったので、表彰式前にシャワーを浴びていたのは気持ちよさそうでした。
ちなみに次走が試金石かな・・と思いますかね。 次、キッチリ勝つようだとG1まで見えてきそうな・・
 ただ、マイル路線はメンツが揃っていてサングレーザー、アエロリット、モズアスコット辺りを筆頭に
  重でもエアスピネル、ペルシアンナイトがいて隙が無い・・って印象もあります。

京成杯AH ストーミーシー
DSC_3375_20180909.jpg
レースはこちらを撮ってました。
行けるか~と思ったんですけどね、久々が影響したのかなぁ~

ちなみに写真の方は・・あぁ~水平が・・・orz
  1. 2018/09/18(火) 23:37:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ヨッ爺ー

Author:ヨッ爺ー
はじめまして
ヨッ爺ー(ヨッジー)と申します。

ブログなるモノ始めました。from 2013/05/08

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (209)

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR