FC2ブログ

"FROM 1995"

お馬の写真とか競馬の予想とか (本ブログ掲載写真の無断転載、厳禁)

2018 ジャパンカップ

2018 ジャパンカップ

秋シーズン、月曜更新を心がけていたのですが
寒暖の差から体調を崩してしまい、会社も1日休んで・・更新も遅くなってしまいました。
 済みませんです。

さて、2018ジャパンカップの更新です。

世間的にはアーモンドアイの勝利だ、世界レコードだ・・といった話に花が咲いているかと思いますが・・
  私としてはあまり興味がなく・・これまでG1レースの並びをして頂いていた"ディープっ仔応援日記"さんが
  G1レース並びを引退されることの方が遥かに重大事でしたかね。

  "ディープっ仔応援日記"さん、今までG1レースの並び、本当に有難うございました。
  今後もG2や空いたG1レース等でご一緒させて頂ければ幸いです。
    開門ダッシュが必要な場合、いつでも駆けつけますので、お気軽にご連絡くださいませ、です。

さて、そんなこともあったジャパンカップでしたので
  引退の記念に・・サトノダイヤモンド勝ってくれないかなぁ~ と思いながら臨んだ次第でした。

サトノダイヤモンド その1
DSC_8360_20181125.jpg
という訳で、今回のトップ掲載はサトノダイヤモンドです。
 パドックでも毛ヅヤがピカピカで、気配もかなり良さそう、そして馬場入り時もテンションが高くて闘志満々。
 もしかしたら奇跡を起こしてくれるんじゃ・・と期待はありましたね。

サトノダイヤモンド その2
DSC_8496_20181125.jpg
こちらはレース2周目。
ペースも流れて、隊列は縦長、
 予想した通り展開はサトノダイヤモンドに向いたなぁ~ 後は直線伸びるだけ~

サトノダイヤモンド その3
DSC_8516_20181125.jpg
と思いロックオンしたのですが、伸び脚はジリジリで先団とは差が詰まらないまま6着。
 とはいえ、サトノダイヤモンドも走破時計が2:21.9と従来レコードは更新といった感じですかね。

写真の方は・・ん~今回ばかりはテレコンを外せば良かったかな・・
首を下げて大とびなフォームなので、フレーミングが難しいタイプ・・ということを考慮しきれなかった・・です。
  今更ながらの反省ですね。。

アーモンドアイ その1
DSC_8605_20181125.jpg
さて、勝ち馬アーモンドアイ。
 表彰式もレイは掛けず登場だったかと思います。

アーモンドアイ その2
DSC_8617_20181125.jpg
強いなぁ~とは思いますが・・馬装がキツイんですよね。。
 額に星があって、見栄えがすると思うのですが・・メンコにシャドーロール・・
 特にメンコがね。。

アーモンドアイ その3
DSC_8542_20181125.jpg
こちらはウイニングラン・・というかウイニング並足。
 私が見た感じだと、安田記念を勝った時のジャスタウェイを思い出すようで・・
    かなりキツそうだったため、キャンターも抑えたような印象でした。
 ま、、ここいら辺の感じ方は人それぞれなので、色々な意見があると思いますけどね。

今思い出したけど・・ルメール先生、レイデオロでダービー勝った時は、
まさしくウイニングランでプレスの列を突き抜けていたよな・・ ま、いいか。

ウインテンダネス
DSC_8474_20181125.jpg
そうそう、馬券の本命はこちらでした。
カンパニーの血、春の東京で2:22.9と最速時計を叩きだしたところ に期待したんですけどね。
 勝ち時計がそれ以上ではお手上げでした。
 とはいえ、ウインテンダネスも自己ベストを更新した2:22.3は褒めるべきところじゃないですかねぇ~

レコードタイム
DSC_8565_20181125.jpg
レース後、勝ち時計を見て最初に感じたことは、
 今後、20年間は更新されないタイムかなぁ~と思って記念に撮った次第。
   撮っていて思い出したけど、電光掲示板を撮る時はシャッタスピードを低速に振る振る必要があるんですよね。。
   高速だと、全点灯では撮れないんだよな。。

ま、、家に帰ってから改めて考え直したところ・・
当日 8Rの1000万円下が芝1800mで1:44.7の時計が出るような馬場・・ 開幕週の毎日王冠よりも速い。。
1秒半から2秒程度・・速い馬場・・と考えると、
他のレースを検討する際、今回のJCも例年レベルでは2:22台で評価しておくのが良いかもなぁ~
  ってな具合に思っている次第でした。

さてさて・・気付いてみたら来週は・・もう師走。。
2018年も年の瀬ですか・・ 時間の経過が早すぎる・・
  今年前厄で来年本厄なんだよな・・2018年と一緒に2019年も終わってくれないかな・・何て思ってる次第でしたorz
スポンサーサイト
  1. 2018/11/28(水) 22:12:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2018 北海道の旅 その9

2018 北海道の旅 その9

ついにオーラス~という感じですかねぇ~
今年の北海道の旅シリーズも最後の更新になりました。

とはいえ・・訪問日 + 写真を撮った日は旅行の初日だったりするんですけどね(汗。
ま、いいや。

さてさてオーラスは旅行の初日に訪問したノーザンホースパークさんです。
勿の論ですが、週末限定のサラブレッドガイドにも参加させて貰いました。

早速ですが写真から~

キングレオポルド
DSC_0436_20180805.jpg
もう私にとっては、こちらがお目当てで伺っているようなところもありますかね。

そして今回はなんと!! サラブレッドガイドも私一人だったので特別に馬房のドアを少し開けてくれて
写真を撮らせて貰うことが出来ました。 いやぁ~本当に有難うございました。

サラブレッドガイド終了時に頂ける人参クッキーも大半はレオポルドに上げましたねぇ~

カミノタサハラ
DSC_0136_20180805.jpg
続いてはサラブレッドガイドの最初で登場頂いたカミノタサハラ。

ガイド時、説明係りのお兄さんから面白い話を聞けたんですよねぇ~
 他の馬は馬房内で人参クッキーを貰うため、観光客の気を惹こうとして頭を上げ下げするんですが
 カミノタサハラに関しては逆で、観光客の気を惹く行動はしないけれども
     人参クッキーを貰った後、嬉しくて頭を上下しますよ~ ということでした。
ガイド後、私が試しにタサハラへ人参クッキーを上げたところ・・ 聞いた通り嬉しそうに頭を上下してくれましたねぇ~
しかも2回試して、2回とも。

性格はビビりみたいですが、人参クッキーを貰って喜ぶさまは可愛かったですな。

ブエナビスタの頭絡
DSC_0205_20180805.jpg
そうそう、ちょうどパーク内の展示室ではブエナビスタ展で頭絡に優勝レイの展示がありました。
今回の旅は、出発前に予定が狂っていっ頓挫、2頓挫あったりしましたが
 着いてからは妙なところにツキがあった感じでしたね。

ヴァーミリアン その1
DSC_0225_20180805.jpg
お次はこの方です。去年種牡馬を引退したヴァーミリアン。
 最初は馬房内で例のごとく、グイッポしていたのですが、時間が経ってから他厩舎の洗い場でたまたま見掛けると・・
 なんと馬装を整えているではありませんか。
  やっぱり・・カッコいいですな。。

ヴァーミリアン その2
DSC_0413_20180805.jpg
伺ってみると、ポニーショーの後に登場とのことで。
 障害競技が行われる馬場でヴァーミリアンのギャロップが見れました。

ヴァーミリアン その3
DSC_0386_20180805.jpg
いやぁ~素顔かつ、久々に見るヴァーミリアンのギャロップには興奮しました~
 ヴァーミリアンには不思議と迫力・オーラがある感じですね。

ヴァーミリアン と 管理人
DSC_0531_20180805.jpg
去年に続いてちゃっかり・・写真も撮っていただきました(汗。

ジャガーメイル
DSC_0469_20180805.jpg
おっと、サラブレッドガイドの話から外れてしまいました。。
 軌道修正して、サラブレッドガイド 2頭目の登場はジャガーメイルでした。
  ジャガーメイルの特技は舌をベ~っと出すこと。
  この日も長い時間、特技を披露してくれました。
    油断していたせいか・・写真がイマイチで・・ジャガーメイル、申し訳ないです。。

ウインドインハーヘア と 管理人
DSC_0536_20180805.jpg
そしてサラブレッドガイド、最後の登場は偉大な母、ウインドインハーヘアでした。
 ガイドの最後に人参を貰えるのがモチベーションで、意欲的にウインドインハーヘアも参加してくれるみたいです。
  ガイド出席者も私一人だったからか、またまた、ちゃっかりと携帯で人参上げているところを収めて貰いました(汗。

そんなこんなで、今回も大満足なサラブレッドガイドでした。
 ん~このサラブレッドガイドも通常より拡充した特別サラブレッドガイドがあるようです。
 一度参加してみたいけど、東京競馬開催日と被ったりするんだよな・・確か。

さてさて、ここからは厩舎の窓からチラッと収めた写真を掲載~です。

デルタブルース
DSC_0157_20180805.jpg
多分・・馬房内で思いっきり横になっていたんでしょう・・
 デルタブルースは首の両側とも砂がたっぷり着いていました。
  ガイド・ショーに登場となっていたら確実に洗われていたでしょうね。

ガイドで説明頂いたお兄さんもデルタブルースは人を見て強きに出るタイプなので
注意が必要です~とのことでした。

アドマイヤジュピタ
DSC_0504_20180805.jpg
一方、アドマイヤジュピタは本当に優等生で、お客さんも乗せることが出来ると伺いました。
 1回乗せてもらいたいですな。 G1馬の背中・・どんな感じなんだろう・・
   ホロシリ乗馬クラブで乗させて貰ったクーリンガーは船のような安定感のある、ゆったりした背中でしたな。

アロンダイト
DSC_0171_20180805.jpg
見方を知れば一発で判別できるアロンダイト。額の"くし"が特徴的ですなぁ~
 ただ、馬房で観光客に人参クッキーをねだる時、鎖を馬房扉に当てて出す音が非常にウルサイ・・

フォゲッタブル
DSC_0146_20180805.jpg
デルタブルース同様、人を見るタイプのフォゲッタブル。
顔は可愛いんですけどね~
ダンスインザダークの仔は、この手のタイプが多いような気がする。。

ラストインパクト その1
DSC_0118_20180805.jpg
馬房窓から見えたラストインパクトは首の辺りが少しかゆそう + 少し眠そうな感じでした。

ラストインパクト その2
DSC_0432_20180805.jpg
ガイド中、少し扉を開けて頂けたので、パチリ・・と撮れました。
 さすがに撮り慣れていない環境なので、ちょっとイマイチですかな。

そうそう、レースっぷりから、ラストインパクトは気が強いタイプかなぁ~
 と思っていたのですが、話を伺ってみると、カミノタサハラ同様、非常に従順とのこと。
  ディープ産駒は総じて人に従順のようですね。
   気象的に穏やかで手が掛からない点でも・・ディープ産駒はやっぱりスゴイんだなぁ~と思いましたね。

マックロウ
DSC_0421_20180805.jpg
アドマイヤジュピタに近い馬房のマックロウ。

バトードール
DSC_0218_20180805.jpg
ちょっとアドマイヤジュピタと似たような写真になってしまったバトードール。


さてさて、冒頭挙げたように、2018年 北海道の旅シリーズも今回で終了です~

ちなみにバックアップ撮る時にたまたまカウントしたのですが・・
 今年は北海道旅行で合計 2,915枚 写真を撮ったようでした。 
 露出測るために撮った分は削除しているから概ね3,000位はシャッタ切ったのかな。
   掲載枚数も120枚程度だったので、4%と思ったより撮れ高はマシですかね。。

 なお・・2017年の去年はもう少し多くて・・4,579枚でした。。 2016年は2,500枚位・・
 今年は移動距離が長かったけど、撮らなかった日もソコソコあるから去年程は撮れてないのかもですねぇ~
   ただ、去年は明らかに無駄打ちしている時があったから、鵜呑みにも出来ないかな。
   ま、いいか。

ま、こんな話をしたら鬼に笑われるだろうけども、
来年は今年会えなかったフラワーパーク、ビワハヤヒデ、ヒシミラクルにも会いたいなぁ~
 そしてFP会員になったタイキシャトルにも会いたいし、メイショウドトウにも会いたいなぁ~
  新たに種牡馬入りしたグレーターロンドン、バンドワゴンにも会いたいわ~
     という訳で、また来年の夏も、旅行先は北海道だなぁ~
  1. 2018/11/19(月) 23:48:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2018 北海道の旅 その8

2018 北海道の旅 その8

先週は馬券を買いはしたけども、競馬場には行かなかったので
久々に北海道の旅シリーズを更新です。

ま・・厳密にいうとウインズ川崎競馬場に行ったので・・競馬場には行っているのですが
    その辺りはご容赦を。
では行きますか~

今回は天気予報が曇り時々雨だったため、荻伏の予定を変えて静内周辺を回った時の写真です。
 ま、、当日は幸か不幸・・ま、幸か。天気も晴れたので自転車で回れました。
   雨だったら1日に14, 5km歩く工程だったかな。 (行きは片道バス + 牧場間を歩き + 帰りバス。)
   静内周辺とは言っても、静内駅からは13, 4km位離れており、自転車での移動は結構良い運動でしたかね。
    今回の旅行は大体、1日40kmくらい自転車漕いでましたが、去年より一回り小さい自転車だったのでキツかったですね。

シルクジャスティス その1
DSC_1670_20180808.jpg
有馬記念ではお世話になりましたねぇ~
 シルクジャスティスは静内の農屋、畠山牧場さんで繋養されています。
 独特な体形で、ぽっこりしたお腹が特徴的なんですよねぇ~

シルクジャスティス その2
DSC_1704_20180808.jpg
私が伺った時も、大抵は草を食んでました。
 ただ結構な頻度で顔を上げてくれるので、写真は案外撮れましたね。
 その1は80-400mmに1.4テレ。その2は80-400mmに1.7テレ。
  1.7テレだと少し甘いかな?

シルクジャスティス その3
DSC_1693_20180808.jpg
この日はアブが多くて可愛そうでした。
夏場のアブは本当に厄介です。。

続いてはこちら。

サクラローレル その1
DSC_1727_20180808.jpg
新和牧場さんに繋養されているサクラローレル。
 時間が合わなかったからかな。何故か今まで回れてなかったんですよね。
 牧場の場所を静内・新冠の間にある山道(二十間 桜並木の奥からビッグレッドファームに向かう道)の中・・
     と勘違いして避けていたかもです。。
 この山道・・15, 6年前辺りに旅した時、入ってしまい、大汗かきながら自転車を押して歩いたという・・
   しんどいトラウマがありました。。 あの時は・・マダマダ未熟で楽な走り方も全く知らなかったな・・

サクラローレル その2
DSC_1753_20180808.jpg
水平狂ってますが・・サクラローレルもベロを出してくれました。

サクラプレジデント
DSC_1854_20180808.jpg
ローレルは馬房でしたが、サクラプレジデントは放牧でした。

サクラスピードオー
DSC_1865_20180808.jpg
こちらはサクラスピードオー。馬房がローレルのお隣さん。
 皐月賞はスピードオー本命だったなぁ~

サクラメガワンダー その1
DSC_1829_20180808.jpg
最後にサクラメガワンダーを、メガワンダーも放牧でした。
 ちなみにですが、何故に、このフレームの写真を選んだかというと・・

サクラメガワンダー その2
DSC_1803_20180808.jpg
頭絡がズレていて、正面からだと斜めの頭絡が微妙な感じになったんですよねぇ~
 そのため、頭絡が目立たないような写真を選んだ次第でした。

新和牧場さんには他にもサクラエイコウオー、サクラゴスペル等、サクラ軍団が多数繋養されていますが
時間も押していたので、この辺りが手一杯でした。

旅シリーズも、その8まで来たんですねぇ~ あ、次回その9で今年の旅シリーズも終了の予定です。
  1. 2018/11/12(月) 23:54:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2018 アルゼンチン共和国杯 + 11/3

2018 アルゼンチン共和国杯 + 11/3

バックアップ取りながら感じたことですが・・
土曜が祝日なこともあって、土日とも競馬場に参戦したわけですが・・
 何だか色々な事があった週末だったな・・と思いましたかね。

追って話を進めていきますか。
 ちなみにレースの格順でアップしてます。

そうそう・・今更ながらですが・・
  1日に複数のG1は忙しすぎて疲れるので苦手です。。
  複数G1があろうが、1日で使う馬券費用は変わらないので・・単純に1レース毎の費用が減るだけかな・・私の場合。

ま、いいや。
 まずはアルゼンチン共和国杯から。

パフォーマプロミス その1
DSC_7704_20181104.jpg
さすが藤英先生、キッチリ勝ち切るなぁ~といった感じでした。
 斤量的にガンコ 57kg, パフォーマプロミス 56kgが疑問で、何故に同斤じゃないの??
 と思ってもいましたが・・馬券はウインテンダネス、ノーブルマーズ、ムイトオブリガードの3頭BOXだったたけに・・
  ま、きっちり抜けましたかねぇ~

パフォーマプロミス その2
DSC_7663_20181104.jpg
レースの上り3Fが33.3。ここまでスローに落とす必要があったのかも・・疑問です。
 個人的には目黒記念のように淀みないペースでの凌ぎ合いが見たかったのですが・・
  ま、この上りを差し切ったパフォーマプロミスはお見事だったとは思います。

ウインテンダネス
DSC_7658_20181104.jpg
ここでのウインテンダネス本命は割と前々から決めていたことだったので、1周目に撮っておきました。

ん~ただね、、週刊競馬ブックで鞍上の想定を見た時・・本当・・嫌な予感はあったんですよねぇ~
  ま、私が勝手に感じていることかもしれないですが・・何だかね・・この鞍上、レース運びが雑に感じるんですよ。。

ノーブルマーズ
DSC_7585_20181104.jpg
叩き良化型だろうなぁ~と思っていたので、割と大目に見て馬券を抑えていたのですが
栗毛に大きな流星、そして黄色いシャドーロールが良く似合うので
 来てくれたら嬉しいなぁ~何て思ってました。 ま、今回は仕方ないかな~と思います。
  競馬ブックを見ても調教の評価が厳しかったので、次走に期待ではないでしょうかね。

さてさてお次は土曜のノベンバーS(1600万下)。

ランガディア その1
DSC_7289_20181103.jpg
勝ち馬はマリーシャンタルとキンカメの仔、ランガディア。
 春・・というか初夏、撮ろうとしたけど外が壁・・で撮れなかったのですが、今回は撮れました。
 あ、マリーシャンタルはダイナカールの娘。
  なので、全体的なバックボーンはドゥラメンテ、ルーラーシップに近い。

ランガディア その2
DSC_7294_20181103.jpg
人気していたヘリファルテとの馬券で鉄板だな・・と思っていたのに・・
 私が買うと、ミルコは来ないんだよな・・

ランガディア その3
DSC_7321_20181103.jpg
ようやくオープン入り。
 元からマイルよりも2000m前後の方があうんじゃ・・と思ってましたし、力は重賞クラスかなぁ~何て思ってました。
 次走はどこになるんですかねぇ~ いずれにしろ楽しみです。

さてさて・・お次は今週の目玉ではあった・・南武特別(1000万下)。

オジュウチョウサン
DSC_7240_20181103.jpg
少頭数ながら、オジュウチョウサンにブラックプラチナム、ジナンボーと揃ったメンツ。
 ま、結果はオジュウが連勝を継続しましたか。

ジナンボー
DSC_7193_20181103.jpg
個人的にはジナンボーに期待だったんですけどねぇ~
 がっつり引っ掛かってレースになりませんでした。。
  本当はアルゼンチン共和国杯からJCに行って・・アーモンドアイとの3冠馬 vs 両親が3冠馬・・が見たかったんだけども・・・
  色々な意味で実現ならず・・でしたね。。

ま、、仮に・・ですよ。。オジュウチョウサンが有馬記念出たところで・・
 レイデオロの相手になるんですかね? 上り3Fとか違い過ぎるんだよなぁ~
   妙な過剰人気も止めて欲しいところですけどね・・ ま、雨でも降れば話は変わるかもしれないけど・・

個人的には平地を走るオジュウよりも障害飛越するオジュウの方が見たいかな。。

さて、レース写真の最後は日曜の新馬から。

シュヴァルツリーゼ その1
DSC_7474_20181104.jpg
いかにも堀厩舎のハーツクライ産駒といった感じでした。

シュヴァルツリーゼ その2
DSC_7500_20181104.jpg
ちょっとウルサイ仕草なんかは却って好きだったりします。


ここからは、ただのボヤキなのでスルー頂いても良いかな~

メインレースの本馬場入場って東京だと馬場内から出走馬が入場してくるわけですが
 その周辺にはプレスも撮りに来るんだけど、観客への配慮なのか、プレスもしゃがんで撮影するんですよ。

ただ、この日。こともあろうに、しゃがまずに立ったままで撮影したプレスが私の真ん前で2人もいたんですわ。
腹が立ったので、ジジーしゃがめ!!と叫んだのですが、ジジー2名の耳がピクっと動いたのは確認できたのですが
結局、立ったままで、しゃがみませんでした。
  お蔭で本当に撮り難かったですかねぇ~

この2人に敬意を表してアップしておきます。 競馬場でこの顔見たら気を付けましょう。

本馬場入場時にしゃがまなかった某プレス 2名
  目を隠した2名が、本馬場入場時、私の真ん前で立ちっぱだったプレス。
DSC_7684_20181104.jpg
チリチリ頭と喋っていた報知新聞のプレスはしゃがんでいたのにね。。
私の方は長玉の単玉しか持ってないので、現場写真は抑えられなかったですが・・ケータイで撮れば良かったかなぁ~
  顔をキッチリ覚えたので、表彰式に撮影して上げました。

私のボディは・・2世代前ですが・・いやはや・・上の写真を拡大すると・・キッチリとプレス証が見えましたね。
 いや~スゴイわ。

某2名のプレス証 その1
DSC_7684_trim_N.jpg
チリチリ頭のジジーはニツカソスポーシ。

某2名のプレス証 その2
DSC_7684_trim_T.jpg
チビの貧乏じみた顔のジジーはトウキョウスポーシ。
 短いズームしか持ってないのに、何故か長玉のボロいケースを抱えている不思議なジジー。

ちなみに、ニツカソスポーシは親が定期購読している新聞ですが
定期購読を止めろと伝えておきます。
 金輪際、トウキョウスポーシ、ニツカソスポーシは買いません。
  1. 2018/11/05(月) 22:33:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2018 天皇賞・秋

2018 天皇賞・秋

今回は天皇賞・秋の更新です~
 スプリンターズSは写真のデキがイマイチ・・ということもあり更新が後回しになりましたが・・
 さすがに天皇賞は後回し・・という訳にはいかないですね。

馬券の予想なり、写真の狙いは~みたいな話は色々とありますが
いつも通り写真と並行して追っていきます。

レイデオロ その1
DSC_7013_20181028.jpg
まずは勝ち馬 レイデオロ。
一週前 調教でいっ頓挫ありましたが、歴代2番時計での勝利はお見事でした。
来ても2着か3着・・と思っていたんですけどね。
 ただ、今回の東京開催は全般的に時計が早く、1秒程度は馬場の影響かも・・と思ってます。

レイデオロ その2
DSC_7022_20181028.jpg
ちなみに・・昨年は苦手な存在でしたが・・前走オールカマーで馬券を取らせて貰っていたので・・
苦手意識もようやく解消した感じです。 ん~金の力 恐るべし・・
 冬 + 春シリーズでは、乗り替わりの京都記念で派手に引っ掛かったり、
 鉄板と思っていたドバイシーマクラシックで連を外したり、意外に難しい馬なんだなぁ~と感じていたところ・・
  それを問題なく御すルメール先生はやっぱりスゴイなぁ~何て改めて思いますかねぇ~

netkeibaの掲示板で見掛けたけど、
父キングカメハメハというよりも母父シンボリクリスエスに近い印象というのは、言いえて妙な気がします。。

ただ、ディープ、ブラックタイドの母系に母父シンボリクリスエス、父キングカメハメハで、
優秀な牝系に名種牡馬の良い所取りは反則では?何て思ってしまいますけどね(汗。

レイデオロ その3
DSC_7058_20181028.jpg
オールカマーの辺りでは、レイデオロのレース写真撮ってないんだよなぁ~
 と思っていたのですが・・実はデビュー戦で撮ってました(汗。

そんなこともあり 且つ 馬券の本命 + レース中も勝ったかも~
 と思ったので、レース写真はこちらです。

キセキ その1
DSC_6954_20181028.jpg
川田騎手騎乗のキセキを撮ってました。
 前述の通り、レイデオロはデビュー戦で撮った。
 アルアインはセントライト記念で撮っている。
 スワーヴリチャードは共同通信杯、皐月賞、ダービーで散々撮っている、そして今のスワーヴは撮りたくない・・
  ま、今回撮るとしたらキセキかサングレーザーかな・・とも思っていた次第ですね。

  そうそう、もう一頭・・レース写真を撮ったことがないダービー馬がいるのですが(汗。
  そちらは、いつ撮ることになるか・・神のみぞ知る・・ですかね。

キセキ その2
DSC_6959_20181028.jpg
少し予想の方でも触れておきますかね。
 今回の本命はキセキでしたが、珍しく消去法的に決まったような形でした。

候補に挙がっていたのはキセキ、レイデオロ、アルアイン、サングレーザー、ステファノスの5頭。
 ・1, 2週前時点ではレイデオロが本命でしたが、一週前調教のいっ頓挫から本命は打ち難い・・
 ・サングレーザーは東京の長い直線と距離が気になるのと、札幌記念のレベルも少し落ちると考え・・負ける場合は着外か? 
 ・アルアインはキレ負けが確実だが時計勝負でグイグイ行けば残りそう・・ただ直線で外に張る可能性も・・
 ・ステファノスは一番勝って欲しいのだけれども、7歳だし能力的にも厳しい・・
   そんな中、キセキには減点材料があまり無く、中竹厩舎といっても実態は角居厩舎、
   過去のV字回復例ではエピファネイアのJCが印象的・・
   枠も包まれやすい内目より広々と走れる外目の枠は好材料。
 ということでキセキを選んだ次第でした。

普段、消去法は使わないので、パドック周回を見るまでは本当に不安いっぱいでしたかねぇ~(汗。
 とはいえ、対抗としたアルアインは、ず~っと気になってました(汗。

ステファノス
DSC_6872_20181028.jpg
そうそう、こちらも上げておきます。
 4角で3番手から前を捉えに押し上げた時は、やった!ステファノス勝てるかも!と思わず声が出てしまいました(汗。
 よく頑張ったと思うし、褒めて上げたいレース運びでした。

そうそう・・最後にボソっとボヤキを・・
 ・豪華メンバーと言われていたけど、G1複数勝ちはヴィブロスだけ・・で・・豪華と言えるかなぁ~
 ・天皇賞の1000m通過が59.4と出た時、後ろの若い聴衆は"早い"との声・・ ん~59.4はミドルかスローの部類じゃ?
   59.4がハイペースと感じられるような時代になったのかなぁ~
        ・・と、まぁ~色々と違和感があった天皇賞ではありました。

さてさて、この日の新馬戦は今後期待したくなる馬が出てましたね~

ルヴォルグ その1
DSC_6724_20181028.jpg
510Kgの大型ですが、前半は前目につけ、レース運びも素軽い印象、
そして直線は後続を突き放す一方。 これは強いなぁ~という印象でした。

ルヴォルグ その2
DSC_6804_20181028.jpg
G1dayでしたが、運よくウィナーズサークルも空いていて表彰も撮れましたねぇ~

ルヴォルグ その3
DSC_6794_20181028.jpg
表彰も殊のほか多く周回してくれて、露出を調整出来たので、本当にラッキーでしたねぇ~
この週末・・藤澤厩舎・・大暴れでした。


あ、今回の更新、最後にもう一つ。
 今回の天皇賞、ハナに立ったのはキセキでしたが、川田騎手の見事なペース判断だったと思います。
 1000m通過 1:01位で、もう少しスローに落としても・・と当初思っていたのですが、ここまで落とすと
 スワーヴに捲られる恐れがあったんですよね。。
  そのため今回は、他馬に捲られずキセキの瞬発力を温存できるギリギリなペースだったかな・・と思います。

ルメール先生にミルコ、短期免許でのモレイラ先生・・と外人騎手が凄い成績を叩きだしている昨今ですが、
川田騎手には好感を持ってます。
 あ、ちなみにオドノヒュー騎手もルメール先生に近い印象で巧みだな・・という印象でした。

 ちなみに、予想ではスワーヴが暴走気味にハナ・・で連外し・・と考えていましたが・・
  こんな結果で逆噴射とは・・想像もつかん感じでした。改めてですが・・ミルコではなく、四位さんだったらなぁ~
   ただ・・調教師も私の感覚とは大きなズレが・・ハッキリ言って、かなり苦手・・
     私がスワーヴリチャードを撮る時は遠そうですかね。。 ・・とか言いながらJCで撮ったりして(笑。
  1. 2018/10/29(月) 23:05:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ヨッ爺ー

Author:ヨッ爺ー
はじめまして
ヨッ爺ー(ヨッジー)と申します。

ブログなるモノ始めました。from 2013/05/08

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (215)

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR